NEWS

■■■■うつ病休職復職対応の極意■■■■その3

うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
~人事労務担当者、管理監督者のために~
※うつ病などのメンタルヘルス不全で休職した職員が、復職に至
るまでの過程の中で、人事労務担当者や管理者が知っておくべ
き最低限の知識を伝授します。また、この分野での豊富なコン
サルティング経験に基づく、とっておきの対応法を教えちゃう
かも!?
================================2008年1月30日発行 第4号
ここ何回か、メルマガの書き出しは「寒いですねー」だったの
ですが、今日は少し暖かく感じました。関東地方だけでしょう
か。
話は変わりますが。今、「うつ病休職復職支援の極意~社員の
目線で支援を行う(仮)~」という題の小冊子を作成していま
す。ここで書いていることや、社員の目線で考えた支援の方法
について書いています。でき上ったら、ここでもご紹介します
ので、よろしくお願いします。
本題に入る前に、私の会社で現在「毎月先着5社様限定、森川隆
司による計2回の無料コンサルティング」を受付です。今月はま
だ空きがありますので、うつ病やメンタルヘルス不全の社員の
対応や休職復職対応などでお困りの方は、047-407-4712もしくは
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.htmlからぜひご連
絡ください。ただし、先着順ですのであらかじめご了承くださ
いませ。(遠方の場合、交通費のみご負担いただく場合もあり
ます)
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今日は、一つ事例をお話ししてみたいとおもいます。私がこの
仕事をしてきて、最も「よかったなぁ」と思った事例の一つで
す。
もちろん、個人や会社が特定できては困るので、設定は全てフ
ィクションです。ただし、話の大まかな流れは、経験に基づい
たものと理解してください。
その時、コンサルティングに伺ったのは、ある地方の衣料品販
売関係の会社でした。その県内に、多くの販売店をもち、地元
では誰もが知る優良企業でした。
当初のご依頼の内容は、
・うつ病による休職者の対応についてアドバイスもらいたい
・復職の際にはどのような手順を踏めば良いかアドバイスもら
いたい
ということでした。一通り資料を携えて、新幹線に乗り、その
企業についたのですが、ついてみてびっくりです。大抵このよ
うな場合、担当部署の係長もしくは課長さん、良くて部長さん
クラスがテーブルについてくださるのですが、そこには、直属
の上司、店長、部長、人事役員と、そうそうたるメンバーが座
っていたのです。
「なにかあるなぁ」とピンと来たのですが、そのことはこちら
からはお話せず、まずはお客様の話をおうかがいしました。
お話の内容は要約するとこうです。中堅の社員が、うつ状態で
休職している。以前に頭を強く打つ事故を負い、脳に障害を持
った。
これによって、記憶障害があらわれ、お客様とのトラブルもあ
った。本人は、事故前は非常にまじめで、能力も高く、幹部候
補として考えられていた。それが、記憶に問題があり、自分に
自信がなくなったのか、抑うつ的な症状が出てきた。今は、休
職させているが、なんとかお店に復職させてあげたい。どうし
たらよいだろうか。
というものでした。私には厳密な守秘義務があるので、詳しく
はお伝えできませんが、実はこの方、一度自殺未遂されたとの
ことでした。そして、それだけでなく、会社に対して、誹謗中
傷した遺書も見つかった、と。
ここまできて、担当役員まで出てきていることの意味がわかり
ました。納得です。
こんな内容が外に漏れでもしたら、今まで気づいてきた信用が
一気に崩れ去ってしまいます。まさにリスクマネジメントの問
題ですよね。
このケースの対応については、省略しますが、ご家族を巻き込
んで、器質的な問題の明確化と治療、そしてうつへの対応を中
心にアドバイスさせていただきました。
私は直接ご本人にお会いすることはありませんでした。担当者
へのアドバイスと、ご家族への面談だけを行いました。
結果から言いますと、会社側の姿勢(何とか復職させてやりた
い)と、真摯な対応のおかげで、その方は、無事復職すること
ができました。
そして、この教訓からこの会社では、メンタルヘルス対策専門
の部署を立ち上げられました。これまた会社の姿勢を示すよい
例ですよね。
そして、ありがたいことに、立ち上げの際にもアドバイスをと
声をかけていただきました。
その日も、何気なく新幹線に乗って、クライエントの会社まで
向かいました。とても暑かったことを覚えています。
いつものように担当者を呼ぶと、その日は見慣れない顔の方が
出迎えてくれました。専門の部署を作ったので、その部署の方
だなぁ、ぐらいに思っていたのです。
打ち合わせが始まって、自己紹介をしていただいたときに、「
そのせつは大変お世話になりました。私です。○○です。」
目が点になりました。コンサルティングの対象としていた○○
さんだったのです!このとの驚きは、今までもはっきりと覚え
ています。
満面の笑顔で、私を見つめる○○さんをみて、ジーンとこみあ
げてくるものがありました。駅まで車で送ってくださった○○
さんの、これからの仕事にかける思いを聴いて、また胸が熱く
なりました。
このような、作り話のような、当事者みんなが幸せになれた例
は本当に本当にまれです。けれども、実在する。
これもまた確かなことです。
仕事に行き詰ったときに、いつも頭の中で思い出す、私にとっ
て宝物の事例です。
内容についてのご意見や、リクエストなどあれば、
info@shigotomodosu.comまでご連絡ください。
また、「うつ病休職復職支援コンサルティング」サイト
http://www.shigotomodosu.comでも役に立つ情報をお伝えして
おりますので、ぜひのぞいてみてください。
———————————————————–
メールマガジン「うつ病休職復職対応の極意」
※発行責任者:臨床心理士 森川隆司

うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ページ先頭へ