NEWS

■■■■うつ病休職復職対応の極意■■■■その5

うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
~人事労務担当者、管理監督者のために~
※うつ病などのメンタルヘルス不全で休職した職員が、復職に至
るまでの過程の中で、人事労務担当者や管理者が知っておくべ
き最低限の知識を伝授します。また、この分野での豊富なコン
サルティング経験に基づく、とっておきの対応法を教えちゃう
かも!?
================================2008年2月13日発行 第6号
今日は寒かったですね。。なんだか雪国にいるような空気の冷た
さでした。寒さのせいか、はたまたストレスのせいか、お腹の調
子が良くないのが気になる今日この頃です。
前回もお知らせした小冊子「うつ病休職復職支援の極意」ですが
うれしい誤算です。思った以上に好評で、お申込みを多くいた
だいています。このメルマガの読者の方からもお申込みいただき
ました。まだ、若干在庫ありますので興味ある方はこちらからど
うぞ。http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今日は、「復職する社員を迎え入れる側の対応」について書いて
みたいと思います。
1年以上メンタルヘルス不全(と思われる)で休職していた社員が
、来週から職場に戻ってくる。迎え入れる側はどのような対応をし
たらよいのだろうか。。
みなさんもこのような経験ありませんでしょうか。
メンタルヘルス不全者が復職する場合、原職に復帰することが基
本です。職場を変えるということは、私たちが思っている以上に
本人には心理的な負担となるのです。
もちろん、上司や同僚との人間関係が大きな要因の一つで、明ら
かにその要因が、本人の回復を妨げることが予想される場合には
環境調整の意味を込めて、配置転換することも選択肢の一つです
要は、本人にとって心理的な負担の少ない職場はどこになるのか
という視点が大切ということだと思います。
本題に戻りますが、では、迎え入れる側はどのような点を注意す
ればよいのでしょうか。
人事労務担当者としては、まずは、どこまで本人の情報を開示す
るのかということに気をつかう必要があると思います。
もちろん、これは本人のプライバシーにかかわる問題ですので、
必ず本人に確認する必要があります。本人が職場の同僚や上司に
どのように自分の状態を伝えてほしいのか、確認することからは
じめるということです。
本人が病名まで知らせていよいと思っているのか、病名について
は一切言わないでほしいと思っているのか、聞いてみるというこ
とですね。
次に、職場のなかで「復職者を迎え入れるコンセンサスを作る」
ことが重要です。なんだか難しい感じですが、要は職場のみんな
で「本人を迎え入れてあげるよ」という意思を確認しておくとい
うことだと思います。
本人の情報として、メンタルヘルス不全での休職であったという
ことが知らされている場合には、病気そのものを理解するために
職場でセミナーなどを開くこともよいかもしれません。
そうすれば、職場の皆さんが、どのように接することが本人にと
って負担が少ないのか、理解する手助けになると思いますし、迎
えいれるんだという意思の統一をはかりやすくなると思います。
具体的な周囲の対応としては、たとえばうつ病での休職であって
、本人がまじめで几帳面な性格であると理解しているなら、周り
が気を使っていることが本人にもわかるようであれば、それがま
たプレッシャーになるでしょう。
ただ、本人はすぐに結果を出そうと、必要以上に焦ったり、がん
ばったりするかもしれません。こんな時は、「あせらなくてもい
いよ」「ゆっくり行こうよ」と、さりげなく声掛けしてあげれば
本人は気持に余裕が持てるでしょう。難しいですが「あなたのこ
とを気にかけているよ、と思いつつ、普段通りに接する」という
ことでしょうか。
「自分がうつ病やメンタルヘルス不全になってしまったら、周囲
の人にはどのように対応してもらいたいですか」
この目線で考えてみると、わかりやすいかもしれませんね。
【独り言。。】
ただ、今までの経験の中で、休職復職を繰り返すケースでの、職
場への支援はとても難しいと感じています。なぜなら、このよう
な方は、単純なうつ病というよりも、いわゆる困った社員として
職場では受け止められており、多かれ少なかれ周りの皆さんも巻
き込まれていて、本人に対して良い印象を持っていないからです。
「またかぁ」「いい加減にしてくれよ」という本音を、周りの人
から聞いたこともあります。
ここまでなってしまうと、本人と同じに職場の健康度自体を問題
にせざるを得ません。配置転換というのも現実味を帯びてきます
ね。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
毎度の宣伝ですが「毎月先着5社様限定、森川隆司による計2回の
無料コンサルティング」を受付中です。今月はまだ3社様分の空き
がありますので、うつ病やメンタルヘルス不全の社員の対応や休
職復職対応などでお困りの方は、047-407-4712
もしくはhttp://www.shigotomodosu.com/html/page08.htmlから
ぜひご連絡ください。(遠方の場合、交通費のみご負担いただく
場合もあります)
内容についてのご意見や、リクエストなどあれば、
info@shigotomodosu.comまでご連絡ください。
———————————————————–
メールマガジン「うつ病休職復職対応の極意」
※発行責任者:臨床心理士 森川隆司

うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ページ先頭へ