NEWS

■■■■うつ病休職復職対応の極意■■■■その14

うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
 ~人事労務担当者、管理監督者のために~
※うつ病などのメンタルヘルス不全で休職した職員が、復職に至
るまでの過程の中で、人事労務担当者や管理者が知っておくべ
き最低限の知識を伝授します。また、この分野での豊富なコン
サルティング経験に基づく、とっておきの対応法を教えちゃう
かも!?
================================2008年4月18日発行 第15号
毎週水曜日の発行を心掛けていたのですが、今週は金曜日になって
しまいました。ご容赦ください。
この時期だからといこともあるのでしょうか、カウンセリングなど
がたくさん入り、少しバタバタしています。目が回る忙しさとよく
言いますが、わたしも忙しくなって疲れがたまってくるとめまいを
おこすことがあります。ストレスサインですね。みなさんもこの時
期、ストレスサインに要注意!
———————————————————–
職場でのストレス要因を考えるとき、いろいろなものが考えられ
ますが、一番は「職場での人間関係」があげられます。次いで「仕
事の量の問題」「仕事の質の問題」と続きます。
例えば、同じ部署(人間関係)で、同じ仕事(仕事の量と質)をし
ていても、ある人はストレス性の疾患に罹るのに、ある人はなんと
もない、ということは職場でよく見かける風景ではないでしょうか。
どうしてこのようなことがおきるのでしょうか??
アメリカの労働衛生研究所「NIOSH」はストレス性の疾患が発症に至
るまでのモデルを示しています。そこでは、「仕事上のストレス要
因」がスタートになっており、その矢印は「ストレス反応」に続き
ます。「仕事上のストレス要因」とはまさに上にあげたものが代表
的ですね。人はストレスを受けると、こころだけでなく、体も反応
します。ある程度のストレスに対しては、人体の防衛反応として、
免疫力や抵抗力を高めることが知られています。しかし、この程度
が過ぎると、免疫力や抵抗力は低下し、いわゆるストレス状態に陥
ります。これらを総して「ストレス反応」ということができます。
そして「ストレス反応」からのびる矢印の先には「疾病」がありま
す。いわゆるストレス性の疾患の発症ですね。
簡略化した図にすると以下のとおりです。
「仕事上のストレス要因」→「ストレス反応」→「疾病」
しかし、このモデルではすべての人が同じストレス要因を受けると
同じように「疾病」に至ることになりますね。NIOSHのモデルは実は
上記に加えて、「個人的要因」「仕事外の要因」「緩衝要因」の3
つの要因が、「仕事上のストレス要因」と「ストレス反応」の間に
関与していると仮定しているのです。
「個人的要因」とは、その人が持っている性格的な癖や、遺伝的な
要素です。「残り時間10分」という表示を見て「あと10分しかない
ぞ!やばい!」と思うのか、「まだ10分も残りがあるのか!」と思
うことの違いなようなものです。人それぞれですよね。
「仕事外の要因」とは、文字通り仕事以外での要因です。仕事以外
に仲間関係をもっていたり、趣味のサークルに所属してたとすれば
ストレスは相対的に下がるでしょうし、その逆もまたありますよね。
「緩衝要因」とは、自分を取りまく重要な他者による影響です。家
族はもちろん、職場の同僚や上司との関係もそうですね。コミュニ
ケーションや支援の体制が整った職場であればストレスは相対的に
下がるでしょう。家族との関係が良好であればなおさらですよね。
もちろん逆もまたしかりです。
つまり、同じ「仕事上のストレス要因」を受けていても、個人の考
え方や、仕事外での充実度、そして家族や職場の人間とのコミュニ
ケーションといった個別の要因が影響し、病気にまで至ってしまう
のか、そこまでいかないのかが決定されるということです。
この3つの要因は、すべて自分の取り組みによって、よい方向にもっ
ていけると私は考えます。「個人的要因」については、カウンセリ
ングやリラクセーションを用いることで、偏った考え方や心身の緊張
をほぐすことができるでしょうし、「仕事外の要因」についても積極
的に外の世界でつながりを持つことは可能です。また。「緩衝要因」
についても、例えば、自分の思いをうまく相手に伝えるコミュニケー
ション手法を学んだり、時には「飲みにケ―ション」につきあったり
と、自分から積極的に行動することが可能です。
「仕事上のストレス要因」について、私たちのコントロールが効かな
い現状においては(特に30代の会社員など責任は持たされるが権限は
ないなど)、せめて「個人的要因」「仕事外の要因」「緩衝要因」を
うまく味方につけ、自己防衛したいところです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「無料コンサルティング」を受付中です。うつ病やメンタルヘルス
不全の社員の対応や休職復職対応などでお困りの方は、
047-407-4712もしくは
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
からご連絡ください。(遠方の場合、交通費のみご負担いただく
場合もあります)
小冊子「うつ病休職復職支援の極意」ですが、こちらもお申し込み受
付中です。興味ある方はこちらからどうぞ。
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
内容についてのご意見や、リクエストなどあれば、
info@shigotomodosu.comまでご連絡ください。
———————————————————–
メールマガジン「うつ病休職復職対応の極意」
※発行責任者:臨床心理士 森川隆司
うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ページ先頭へ