NEWS

■■■■うつ病休職復職対応の極意■■■■その18

うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
~人事労務担当者、管理監督者のために~
※うつ病などのメンタルヘルス不全で休職した職員が、復職に至
るまでの過程の中で、人事労務担当者や管理者が知っておくべ
き最低限の知識を伝授します。また、この分野での豊富なコン
サルティング経験に基づく、とっておきの対応法を教えちゃう
かも!?
================================2008年5月16日発行 第19号
ミャンマーのサイクロンや四川の地震、天変地異がニュースになっ
ています。特に四川の地震では避難所となるべき学校などの公共の
施設が、脆くも崩れ去っているのは、胸が痛い限りです。
私は神戸の震災を経験していますので、あの時の住民たちのうつろ
な目と、焦げたにおい、そしてサイレンの音などが少しよみがえっ
てきました。
何かお手伝いできることができればとも思いますが、コンビニでの
募金ぐらいでしょうか。一刻も早い復興を祈るばかりです。
先週も関東地方地震があったばかりですので、気をつけたいところ
ですね。
———————————————————–
「包括的にメンタルヘルス対策を導入したいので、話を聞きたい」
先日、お客様からご依頼いただき、お話をしに行きました。いわゆ
るEAPサービスや、メンタルヘルス対策というものには、具体的には
どのようなサービスがあるのでしょうか。
■コンサルティングサービス
一からメンタルヘルス対策を包括的に導入したい、また、多くのメ
ンタルヘルス対策を同時に採用したい、といった際には、このサー
ビスが意味をもってきます。
各社、コンサルティングの定義するところはまちまちだと思います
が、実際に行われる業務としては、次のようなことがあると考えら
れます。
・メンタルヘルス指針作成
・メンタルヘルス不全者発生の際の社内体制の構築
(業務フロー、マニュアルの作成)
・メンタルヘルス推進委員会の設置、運営
・リハビリ出勤制度の確立
・産業医、社内産業保健スタッフの効率的な運用
・就業規則、各種規定の見直し など
メンタルヘルス指針、は企業トップに出していただく、企業として
のメンタルヘルスの取り組みを宣言するものです。例えば、今まで
全くメンタルヘルスに関する取り組みをしてこなかった企業が、い
きなりストレスチェックを人事部主導で全社的に行ったとすればど
うでしょうか。
多くの社員は「人事考課につながるようなものなのではないか」と
勘ぐってしまうのではないでしょうか。
まず、指針が社のトップから出されて、それに基づいてチェックを
する場合を考えたとき、後者のほうが社員に余計な心配をかけなく
てすみますよね。ストレスチェックなどでは、前者のような懸念が
拭いきれていないと、回答の内容に信頼性が乏しかったり、そもそ
も回答率が極端に悪くなるということすら考えられます。
ストレスチェックに限らず、メンタルヘルス対策を包括的に行って
いくのであれば、すべての施策実施の原点になリ得るものです。も
ちろん企業トップの意識を高めることにも効果があるはずです。
メンタルヘルス不全者発生の際の社内体制の構築、には、メンタル
ヘルス不全による欠勤や休職が発生した場合に、上司、担当部署、
産業保健スタッフ、などの関係者がどのようにして情報を共有して
どのように対応するのか業務フローを定めることがまずひとつ挙げ
られます。メンタルヘルス不全による欠勤や休職は個別性が高く対
応に幅が生まれるのはやむを得ないことです。しかし、だからとい
って、都度都度の対応では、対応の質にばらつきが出てしまいます。
最も避けたいことは、就業規則等の規定によりきめられている従業
員が得られるべき手当などが手続きのミスによって支払われない、
という事態です。これは後の訴訟リスクにも直結するものです。
どのタイミングでどのような申請書を出し、処理していくか。すべ
ての異常ケースを想定することは困難ですが、よくあるケース、た
とえば連絡が取れない状態が続いている、本人から申請書が出せな
い状況だ、のときにどのように対応するかは基本を決めておきたい
ものです。
そして、業務フローとともに、そこに携わる部署の担当者の対応マ
ニュアルも整備しておきたいものです。これは、国から職場復帰支
援の手引きが出ていますので、これを参考にするものよいでしょう。
メンタルヘルス推進委員会、は各部のグループリーダークラスを委
員として任命し、定期的な会合を開き、社内のメンタルヘルス対策
を恒常的に運営していく母体です。導入コンサルティングが終了し
たあとでも、メンタルヘルス対策を社内で運営、改善していくため
の実働部隊になります。ストレスチェックの結果評価や次年度のメ
ンタルヘルス対策の概要提案などが具体的な活動です。
当初は、「なんで俺たちがこんなことをやらないといけないのか」
や「いそがしいから管理だけでやってくれ」という声も聞かれるで
しょうが、次第に「うちの会社では○○の業務が大変で・・」とか
「○○支店は人間関係悪いと噂だよ・・」といった、今後の改善や
対策のヒントになる話が出てくることがあります。
私個人としては、このような社内でメンタルヘルスや健康管理の問
題を取り扱う担当者が、事例を踏んで活躍していくことこそが一番
必要ではないかと感じています。
いくらよい外部機関やサービスを利用しても、使う側がその意味を
理解して自社に合わせた形で実施できなければその効果は半減する
でしょう。
就業規則、各種規定の見直し、は現状の問題点を把握し、整合性の
とれた社内規定としていくためには不可欠な作業です。
就業規則を改定するには、多くの労力と時間が必要になります。メ
ンタルヘルスのみに焦点を合わせての改定が困難であれば、全面的
な見直しの際に、メンタルヘルスの要素も入れ込むようにしたいと
ころです。
コンサルティングだけで意外とボリュームが大きくなってしまいま
した。次回はいわゆる外部EAPが提供できるサービスについて、具体
例をあげていきたいと思います。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「無料コンサルティング」を受付中です。うつ病やメンタルヘルス
不全の社員の対応や休職復職対応などでお困りの方は、
047-407-4712もしくは
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
からご連絡ください。(遠方の場合、交通費のみご負担いただく
場合もあります)
小冊子「うつ病休職復職支援の極意」ですが、こちらもお申し込み受
付中です。興味ある方はこちらからどうぞ。
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
内容についてのご意見や、リクエストなどあれば、
info@shigotomodosu.comまでご連絡ください。
———————————————————–
メールマガジン「うつ病休職復職対応の極意」
※発行責任者:臨床心理士 森川隆司
うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ページ先頭へ