NEWS

■■■■うつ病休職復職対応の極意■■■■その24

うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~人事労務担当者、管理監督者のために~
※うつ病などのメンタルヘルス不全で休職した職員が、復職に至
るまでの過程の中で、人事労務担当者や管理者が知っておくべ
き最低限の知識を伝授します。また、この分野での豊富なコン
サルティング経験に基づく、とっておきの対応法を教えちゃう
かも!?
================================2008年7月1日発行 第25号
7月に入りました!まだまだ、「夏だ」という日差しは少なく、最近
の梅雨空にはうんざりですね。
事務所内の観葉植物の具合も最近よくありません。下のほうから葉っ
ぱが黄色がかってきて、なんだか病気ではないかと心配しています。
早速、液体の栄養をあげて様子を見ているのですが、これも日差しが
少ないせいでしょうか。もっと、外に出してあげようかと思う今日こ
の頃です。
———————————————————–
先週コンサルティングにおうかがいしたお客様から、就業規則へ記
載すべき休職の事柄について、ご相談をいただきました。
そもそも、休職とは、社員としての身分を有したまま、定められた
期間、労務の提供を免除される仕組みです。以前にもここで書きま
したが、この意味は、従業員が私傷病や事故によって、労務の提供
ができなくなった場合に、すぐに解雇や退職とすることなく、一定
の期間、社員としての身分を保ったまま、治療に専念できるように
猶予期間として定められているものです。
社員の生活の安定を図ることを目的としたものということですね。
休職は、労働安全衛生法や労働法に記載があるわけではありません。
だからこそ、会社の方針に従って決定し、就業規則に必ず記載して
おく必要がある事項です。
多くの就業規則では、休職について概要は触れられているものの、
詳細の規定、特に実際の運用面を考慮した部分が抜けていることが
多いのではないでしょうか。実運用の場面では、規則に記載がない
ケースでの対応に苦慮したり、ケースバイケースで規則を適応して
いる企業も見受けられます。
特に、メンタルヘルス不全による休職を考えた場合、従業員への会
社の対応については、他の従業員がよく見ています。「彼はあのよ
うな対応だったのに、彼女は違う」「あれだけごねれば、こんな対
応してもらえる」といったように、規則が定まっていないがために
社員に誤ったメッセージを伝えてしまうこともあるでしょう。
では、メンタルヘルス不全に焦点を当てた時、就業規則に最低限記
載しておきたい事項には、どのようなものがあるでしょう。
■セカンドオピニオンの必要性を明記しているか
休職には、従業員からの休職の意思と、医師の診断書が必要になり
ます。主治医は通常、患者さんからの要望に対して診断書や意見書
を書くことになりますので、場合によっては、会社の指定する医師
や産業医の受診を命じることができるよう記載しておくとよいでし
ょう。
■労務の提供が不完全な社員に対して、休職させる旨をさだめてい
るか
メンタルヘルス不全による休職とその後の復職を考えた場合、出勤
と欠勤を繰り返す場面は容易に想像できます。
復職がうまくいかないのには必ず原因があります。まだ復職できる
体の状況ではなかったのか、会社側の環境調整が整っていないかっ
たのか、病気の再発によるものなのか、制限勤務がうまく機能して
いなかったのかなどなど、通常の私傷病による治療からの復職とは
その困難さが高いのは皆さんご存じのとおりです。
また、このような状況は社内の周りの人間にも影響を及ぼしかねま
せんし、本人のためにはしっかりとした休養が必要な場合もありま
す。
ですから「欠勤が○○日に及んだ場合に、休職とする」だけではな
く、「労務の提供が不完全であると判断した場合」も休職を命じる
ことができるように記載しておく必要があります。
■休職期間を会社の事情に合わせた形で設定しているか
休職期間について、どれぐらいの長さにすればよいかご相談を受け
るケースが多くなっています。会社の実情に合った期間ということ
になるのでしょうが、その際に考慮すべき点としては
・会社の規模(どれぐらい従業員を休ませておくことができるか)
・勤続年数に合わせた配慮
・傷病手当金の受給期間
・メンタルヘルス不全による休職を想定するか
などがあるでしょう。上記のうちどれを優先順位として高くするか
によって期間は変わってくるのだと思います。一般的にうつ病やス
トレス性の疾病は3カ月から半年の休養が必要と考えられています。
今後、このようなケースが増えることが予想される場合には、休職
期間が1か月というのでは、再検討する必要もあるでしょう。
また、休職期間は延長させればよいから、はじめは短めに規定して
おくという企業もありますが、休職期間の延長は、慎重に決定され
るべきと考えています。安易な延長は、本人のためにとっても会社
のためにとっても逆効果になる場合があると思うからです。
■休職期間の通算規則を設けているか
前述の通り、メンタルヘルス不全では休職復職を繰り返してしまう
ケースが多く見受けられます。このような場合、一定の要件を満た
す休職は通算される規定を設けることは必要なことですね。
■試用期間中の社員について
試用期間中の社員に対しては、休職を適用しないことを明記するほ
うが無難でしょう。
■休職期間中の対応について
可能であれば、会社としての原則、定期的な連絡をすることなどは
明記しておいたほうがよいと考えます。もちろん、ケースバイケー
スですが、適切な復職を考えた場合にも、会社側の休職中の従業員
の状況把握は必須と考えます。
みなさんの会社の就業規則はいかがでしょうか?
———————————————————
うつ病の治療に効果があるとされる心理療法の一つに、認知療法や
認知行動療法といったものがあります。薬だけでなく、これらの心
理療法を併用することで、効果が高まると実証されています。
ヒューマン・タッチでは、これら認知行動療法(CBT)をベースとし
た「復職支援プログラム」の提供を開始します。週一回3時間の集団
でのプログラムで、精神科医師の監修のものと構築しました。
このプログラムは、単にCBTによるうつ病の回復にとどまらず、復職
後の職場適応にも重点を置いていることが特徴です。また、事業所や
事業主への復職後の環境調整を視野に入れたコンサルティングが1回
含まれています。
興味関心のある方は
http://www.shigotomodosu.com/html/page04.html#04 まで。
※※通常お一人52,500円ですが、「メルマガ見た」とお申込みいただ
ければ20%OFFの42,000円で全6回+1回のコンサルティングを実施させて
いただきます。次回第一回開催予定は6/28(土)です。お申し込みは
お早めに!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「無料コンサルティング」を受付中です。うつ病やメンタルヘルス
不全の社員の対応や休職復職対応などでお困りの方は、
047-407-4712もしくは
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
からご連絡ください。(遠方の場合、交通費のみご負担いただく
場合もあります)
小冊子「うつ病休職復職支援の極意」ですが、こちらもお申し込み受
付中です。興味ある方はこちらからどうぞ。
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
内容についてのご意見や、リクエストなどあれば、
info@shigotomodosu.comまでご連絡ください。
———————————————————–
メールマガジン「うつ病休職復職対応の極意」
※発行責任者:臨床心理士 森川隆司
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
うつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ページ先頭へ