NEWS

■■■■うつ病休職復職対応の極意■■■■その37

千葉でうつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング
セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~人事労務担当者、管理監督者のために~

※うつ病などのメンタルヘルス不全で休職した職員が、復職に至
るまでの過程の中で、人事労務担当者や管理者が知っておくべ
き最低限の知識を伝授します。また、この分野での豊富なコン
サルティング経験に基づく、とっておきの対応法を教えちゃう
かも!?

================================2009年3月11日発行 第38号

市原市の中学校でスクールカウンセラーをしていますが、先日学校

で感じた風は、春の香りがしました。そんな中ですが、また学校で

はインフルエンザが増えてきているとのこと。油断できませんね。

ここ数日は冷たい風を感じますが、桜は早咲きの予報です。我が家

では娘の入学を控えており、今年は特別なお花見となりそうです。

———————————————————–

いろいろなところで、セミナー終了後に、新型うつ、現代型うつ、

について質問をいただくようになりました。中核的なうつ病やその

対応についての情報提供の後で、「余談」として話をさせていただ

くことが多かったのですが、今では、「新型うつ」や「現代型うつ」

の話を多くしてほしい、との要望もいただくこともあります。私た

ち心理の人間のところまで、医師からリファーされてくる「うつ病」

患者さんの中には、確かに中核的なうつ病とは異なる症状を呈してい

る方も見受けられます。人によっては半数以上がそうだ、という方

もいらっしゃいますが、私の感覚でも半数まではいかなくても、それ

に近い割合ではないだろうかと感じています。

うつ病の分類、と一言で言ってもそこには長い歴史もあり、国によ

っては、精神医学の成り立ちにも影響を受けさまざまです。大まか

にいえば、病気の原因や要因を重視した病因論的な分類と、体に現

れている客観的な症状を重視した分類が存在します。現在は、「操

作的診断基準」とよばれる後者の基準が主流となっています。具体

的には、アメリカの精神医学会が中心となって作成されたDSMという

診断基準が一般的です。

DSMの中で重視されるのは、発症に至るまでの経過や性格、または環

境などではなく、あくまで現時点もしくは過去の一定の期間に現れた

症状なのです。うつ病の診断もこの基準に則って行われると、定めら

れた質問項目について、基準を満たすような回答が患者さんからなさ

れた場合にうつ病、となってしまうのです。もちろん医師は、患者さ

んの言語だけではなく、非言語的な要素も勘案します。けれども、う

つ病の特徴や、診断基準の詳細を理解している悪意を持った人がいた

とすれば、診断を受けるためにそれを装うことは十分考えられます。

最近多い、傷病手当金の詐欺はまさにこの例ですよね。

話を「新型うつ」「現代型うつ」に戻しますね。実は、この病名は、

先ほどのDSMでは分類されていません。未来の話はわかりませんが、

現時点では標準的な分類にはなっていないのです。

では、そもそも今まで言われてきた中核的なうつ病と、「新型うつ」

「現代型うつ」というのはどのように違うのでしょうか。いろいろな

説がありますし、この分類も確定したものではありません。ですから

おおまかなものとしてとらえてください。以下に。

従来のうつ病 「新型うつ病」
病前性格 ・他者配慮、過度の自責感 ・自己愛が高い傾向、他罰的傾向
症状 ・罪悪感や疲弊 ・回避と他人への非難
治療 ・薬と休養 ・治療には親和的だが薬効きにくい年齢 ・全ての年代(中高年) ・比較的若年層が多い

「新型うつ」「現代型うつ」と、1970年代から研究されてきた

「抑うつ神経症」や「逃避型うつ病」といったうつ病は、それぞれに

定義や考え方があります。現在一般的に言われる新型うつ、というの

はこれらがごちゃまぜになっている感じがします。上述した大まかな

比較も、いろいろな要素が含まれているのが事実です。けれど、現場

で患者さんを見ている人間にとっては、理解しやすいものだと感じて

います。

次回は、実際の場面(職場)での、新型うつのかたの症状と対処につ

いて考えてみたいと思います。

———————————————————
うつ病の治療に効果があるとされる心理療法の一つに、認知療法や
認知行動療法といったものがあります。薬だけでなく、これらの心
理療法を併用することで、効果が高まると実証されています。

ヒューマン・タッチでは、これら認知行動療法(CBT)をベースとし
た「復職支援プログラム」の提供を開始します。週一回3時間の集団
でのプログラムで、精神科医師の監修のものと構築しました。

このプログラムは、単にCBTによるうつ病の回復にとどまらず、復職
後の職場適応にも重点を置いていることが特徴です。また、事業所や
事業主への復職後の環境調整を視野に入れたコンサルティングが1回
含まれています。

興味関心のある方は
http://www.shigotomodosu.com/html/page04.html#04 まで。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「無料コンサルティング」を受付中です。うつ病やメンタルヘルス
不全の社員の対応や休職復職対応などでお困りの方は、
047-407-4712もしくは
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
からご連絡ください。(遠方の場合、交通費のみご負担いただく
場合もあります)

小冊子「うつ病休職復職支援の極意」ですが、こちらもお申し込み受
付中です。興味ある方はこちらからどうぞ。
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html

内容についてのご意見や、リクエストなどあれば、
info@shigotomodosu.comまでご連絡ください。

———————————————————–
メールマガジン「うつ病休職復職対応の極意」

※発行責任者:臨床心理士 森川隆司

——————————————————————
千葉でうつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング
セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆

ページ先頭へ