NEWS

■■■■うつ病休職復職対応の極意■■■■その45

千葉でうつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング
セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~人事労務担当者、管理監督者のために~

※うつ病などのメンタルヘルス不全で休職した職員が、復職に至
るまでの過程の中で、人事労務担当者や管理者が知っておくべ
き最低限の知識を伝授します。また、この分野での豊富なコン
サルティング経験に基づく、とっておきの対応法を教えちゃう
かも!?

================================2010年01月21日発行 第46号

「復職期間満了の職員に、退職を告げに行きます。この場に同行

してもらえますか?」初めての企業様から、このようなストレー

トなご相談をいただきました。もちろん、同行できないことはな

いですが、それを伝えればよいというだけではないはずです。

そのケースはどのような個別性があり、それに対して企業はどの

ような対応をとってきたのか。本人の意向は、家族の意向は、会

社としてできることは他にないのか。

他の従業員は、企業がどのような対応をするのかしっかりと見て

います。企業の理念や姿勢が問われる瞬間ではないでしょうか。

———————————————————–

前回の続きを書いてみました。メンタルヘルス入門「その2」です。

【必要なメンタルヘルス対策とは?】

「もりかわさん、いったい何から始めればいいの?」

メンタルヘルス対策のご相談をうかがいにいくと、このような質問

から始められるお客様が多くいらっしゃいます。

すでにご存じのことと思いますが、平成12年には当時の労働省か

ら、「心の健康づくり指針」(正式には「事業場における労働者の

心の健康づくりのための指針」)が出され、労働者の心の健康の保

持増進を図るため、事業者が行うことが望ましい基本的措置が示さ

れました。

平成18年には、「労働者の心の健康の保持増進のための指針」と

して改訂されたこの指針によれば、まず「心の健康づくり計画」を

策定し、その計画に基づき4つのケアを推進することになっていま

す。1つ目は、「セルフケア」であり、労働者が自らのストレスに

気づいて適切に対処することです。2つ目は管理監督者が行う「ラ

インによるケア」であり、職場環境等の改善と、労働者からの相談

への適切な対応ということになっています。3つ目は健康管理部門

や人事労務部門が行う「産業保健スタッフ等によるケア」であり、

職場環境の改善や労働者に対する相談等です。4つ目は社外の専門

機関によるケアであり、会社は必要に応じて社外のメンタルへルス

専門機関等を有効に活用するよう求めています。

大企業であれば、いざしらず、中小企業事業者にとって、費用対効

果のわかりにくい施策について、出せるお金は限られますので、上

記すべてを同時に行うことは土台無理なお話しかもしれません。こ

んな時には私はこのようにおうかがいします。

「会社(社長)が、今一番困っていることは何ですか?」

「実は、うつ病で調子が悪かったり求職中の職員が2人ほどいてね。

繰り返し休んじゃって、復職も上手くいっていないんだ。」このよ

うな回答は珍しくありません。

うつ病の有病率は1年間で5%から10%と言われています。10

0人の従業員がいれば、会社で特別な負荷を与えなくても、1年間

に5人から10人の人がうつ病になってもおかしくないのです。

よくメンタルヘルス対策は、「一次予防(不全に陥らないために、

すべての従業員に対して行う対策)」から始めましょう。という声

を聞きますが、私は「一番困っていること」から始めるのが定石だ

と思います。この場合であれば、休職者などのメンタルヘルス不全

者に対するケア、すなわち「三次予防」から入るべきだと思います。

具体的には、休職者へのカウンセリングを含めた個別的な支援と、

人事労務担当者に対する復職までの道筋(業務の流れ整理、就業規

則の整備など)を整備する支援などをまず実施します。この「三次

予防」が一段落したところで、「一次予防」「二次予防(メンタル

ヘルス不全に陥りそうな従業員に対する支援)」に重点を移してい

きます。

メンタルヘルス対策を実施していくと、必ず組織自身が持つ問題点

が浮き上がってきます。過重労働の問題、職場環境の問題、社風の

問題。これらは、「一次予防」や「二次予防」に大きくかかわって

くる問題だと感じています。まずは、今手元で困っていることに対

応し、根本的な問題についてはじっくりと年をまたいで対応してい

く。このような姿勢がメンタルヘルス対策実施にあたっては、あっ

てよいのではないでしょうか。

———————————————————
うつ病の治療に効果があるとされる心理療法の一つに、認知療法や
認知行動療法といったものがあります。薬だけでなく、これらの心
理療法を併用することで、効果が高まると実証されています。

ヒューマン・タッチでは、これら認知行動療法(CBT)をベースとし
た「復職支援プログラム」の提供を開始します。週一回3時間の集団
でのプログラムで、精神科医師の監修のものと構築しました。

このプログラムは、単にCBTによるうつ病の回復にとどまらず、復職
後の職場適応にも重点を置いていることが特徴です。また、事業所や
事業主への復職後の環境調整を視野に入れたコンサルティングが1回
含まれています。

興味関心のある方は
http://www.shigotomodosu.com/c_services/000045.php
まで。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「無料コンサルティング」を受付中です。うつ病やメンタルヘルス
不全の社員の対応や休職復職対応などでお困りの方は、
047-407-4712もしくは
https://www.human-touch.co.jp/contact/biz_index.php
からご連絡ください。(遠方の場合、交通費のみご負担いただく
場合もあります)

小冊子「うつ病休職復職支援の極意」ですが、こちらもお申し込み受
付中です。興味ある方はこちらからどうぞ。
https://www.human-touch.co.jp/contact/biz_index.php

内容についてのご意見や、リクエストなどあれば、
info-biz@human-touch.co.jpまでご連絡ください。

———————————————————–
メールマガジン「うつ病休職復職対応の極意」
——————————————————————
千葉でうつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング
セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆

ページ先頭へ