NEWS

助成金のメニュー拡充

厚生労働省が6月30日に平成28年度「過労死等の労災補償状況」を取りまとめ、公表しました。

※「過労死等」とは、「業務における過剰な負荷による脳血管疾患若しくは心臓疾患を原因とする死亡若しくは業務における強い心理的負荷による精神障害を原因とする自殺による死亡又はこれらの脳血管疾患若しくは心臓疾患若しくは精神障害」とされています。

 

◇請求件数

脳・心臓疾患に関するものは825件(前年度比30件増加)

精神障害に関するものは1586件(前年度比71件増加)

 

◇支給件数

脳・心臓疾患に関するものは260件(前年度比9件増加)

精神障害に関するものは498件(前年度比26件増加)

 

労働者にとっても企業にとっても痛手ですね。早めにメンタルヘルス対策をしていれば防げた事案もあるかもしれません。

 

 

本日は産業保健関係の助成金についてご案内いたします。

ご案内するのは「ストレスチェック助成金」「小規模事業場産業医活動助成金」「職場環境改善計画助成金」「心の健康づくり計画助成金」の4つです。

 

 

「ストレスチェック助成金」

◇小規模事業場(労働者数50人未満の事業場)を対象に、小規模事業場が産業医の要件を備えた医師と契約し、ストレスチェック等を実施した場合に、費用を助成してくれる制度です。労働者数50人以上の事業場はストレスチェックが義務となっておりますが、義務の対象外である小規模事業場もストレスチェックをやって、職場改善活動につなげていこう、という動きですね。

 

①ストレスチェックの実施に対する助成

 ◇従業員1人につき500円を上限として、その実費額を支給。

 

②ストレスチェック実施後の医師による面接指導・意見陳述に対する助成

 ◇医師による活動1回につき21,500円を上限として、その実費額を支給(一事業場につき年3回が限度)。

 

上記2点の費用を助成してくれるのですが、以前と比べて使いやすくなりました。

 ○事前登録の要件がなくなりました。

 ○年度中に実施した分が翌年度6月30日まで申請可能となりました。

 ○ストレスチェック助成金の対象が「ストレスチェック実施後の医師による面接指導」「面接指導の結果について事業主への意見陳述」の2点となりました。

 

 

弊社では従業員1人につき800円で実施しておりますので、1人につき300円の費用負担でストレスチェックを受けられるということです。

助成してくれるのは有難いけれども費用負担は小規模事業場にとっては悩ましいものですね。メンタルヘルス対策を実施している企業は実施していない企業と比べて利益率が高いという結果も出ています。コストではなく、投資という意識でメンタルヘルス対策にチャレンジしていって頂きたいと思います。

 

そして新しい助成金が増えました。

 

「小規模事業場産業医活動助成金」

こちらも労働者数50人未満の事業場が対象です。

◇小規模事業場が産業医の要件を備えた医師と職場巡視、健康診断異常所見者に関する意見聴取、保健指導等、産業医活動の全部または一部を実施する契約をした場合に実費を支給(6カ月当たり10万円を上限×2回限り)。

※一企業に将来にわたって2回の支給に限ります。

 

 

「職場環境改善計画助成金」

こちらは労働者数の制限はありません

◇ストレスチェック実施後の集団分析を踏まえ、

①医師、保健師、看護師、精神保健福祉士、産業カウンセラー・臨床心理士等の心理職、労働衛生コンサルタント、社会保険労務士の指導に基づき、職場環境改善計画を作成・実施した場合に、指導費用及び機器・設備購入費の実費を支給(10万円を上限、うち機器・設備投入費は5万円を上限かつ単価5万円以内のもので将来にわたり1回限り)

②メンタルヘルス対策促進員の助言・支援(訪問3回まで)を受け、職場環境改善計画を作成・実施した場合に、機器・設備費の実費を支給(5万円を上限かつ単価5万円以内のもので将来にわたり1回限り)

 

 

「心の健康づくり計画助成金」

こちらは労働者数の制限はありません

◇メンタルヘルス対策促進員の助言・支援(訪問3回まで)を受け、心の健康づくり計画(ストレスチェック実施計画を含む。)を作成し、計画に基づきメンタルヘルス対策を実施した場合に支給(一律10万円)

※一企業につき将来にわたって1回の支給に限ります。

 

 

産業保健関係助成金のお問い合わせ・申請は

独立行政法人 労働者健康安全機構 産業保健・賃金援護部 産業保健業務指導課まで

TEL 0570-783046

 

 

労働者数50名以上の事業場はストレスチェック義務化されましたが、その後の職場環境改善活動は努力義務としております。「ストレスチェックを実施して、高ストレス判定が出た従業員が産業医面談に行かないが、なんとかできないだろうか」「職場環境改善活動をやりたいけれども何をやったら良いのかわからない、職場環境改善活動をやってみたけれども効果が出ているのかわからない」メンタルヘルス対策に関心をもって取り組もうとしている企業の担当者は増えてきていると思います。「メンタルヘルスのハジメ」ではメンタルヘルス対策に取り組もうしている企業の応援をしたいと考えています。ストレスチェックからその後の職場環境改善活動まで、サポートします。

 

 

ページ先頭へ