NEWS

■■■■うつ病休職復職対応の極意■■■■その30

千葉でうつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~人事労務担当者、管理監督者のために~
※うつ病などのメンタルヘルス不全で休職した職員が、復職に至
るまでの過程の中で、人事労務担当者や管理者が知っておくべ
き最低限の知識を伝授します。また、この分野での豊富なコン
サルティング経験に基づく、とっておきの対応法を教えちゃう
かも!?
================================2008年9月20日発行 第31号
台風が過ぎ去ってくれましたね。千葉県もようやく晴れ間が戻って
きました。
気圧が低いせいか、どうも体調が思わしくありません。こんなとき
は焼き肉でも食べて、元気をつけたいところです。
余談ですが、11月2日に行われる「ふなばし健康まつり」に展示
参加させていただくことになりました。企業紹介や、可能であれば
簡単な無料相談コーナーを設置する予定です。
お近くの方は、ぜひお寄りください。
———————————————————–
先日、関西福祉科学大学EAP研究所が主催する「こころの健康と経
営戦略」というフォーラムに参加させていただきました。
「経営の視点からメンタルヘルス対策を考える」とのテーマで、
シンポジウムでは、大企業の産業医、EAPプロバイダー、企業関係
者などが議論を交わしていました。
あるべきEAPの姿として、産業医大ソリューションズの亀田先生は
「EAPプロバイダーとしては、メンタルヘルス対策の全容を顧客企
業の人事部門が本当の意味で良く理解していないなら、一次予防か
ら三次予防の三段階と専門家の過不足を明らかにして、優先順位を
つけて、必要なものを適正な価格で提案しなければならない。
自社の強みだけを切り取って営業売上のためだけに販売することは
やめて、顧客企業の本質的なニーズに対応できるプロバイダーにな
るべく、能力向上を継続的に行わなくてはならない」
と述べられていました。私自身EAPプロバイダーと呼ばれるところで
仕事をしていた時は、たとえば、本業としてメンタルヘルスサービス
を行っていない企業が、体力を生かして、特定のサービス(相談サー
ビスなど)を非常に安い価格で提供していることに疑問を持っていま
した。
業界全体として、その価格に引きずられる形でディスカウントが進ん
でいったのです。
企業側でメンタルへルス対策の本質や全体像がよく理解されておらず
プロバイダ側でもサービスレベルの評価方法が確立されていない状況
が、このような事態を生んだ要因の一つだと思います。
業界全体で、サービスレベルの質の担保を考え始め、その取り組みが
動き始めているのは歓迎すべきことなのだと思います。
私たちヒューマン・タッチは、自分たちのことをEAPプロバイダーとは
言いません。
最近も2社ほど新規にお客様からご依頼をいただきましたが、私たち
は中小企業を中心にお仕事させていただいています。
もちろん、定型的なサービスは用意していますが、一番大切なのはそ
の企業内で自律的にメンタルヘルス対策が取り組まれていくことだと
考えています。
ですから、企業内に労働安全衛生委員会などが設置されていればそこ
に出席し問題点の洗い出しから、必要な情報提供まで行っていきます。
メンタルヘルス推進委員会というようなものを設置させていただく場
合もあります。
中小企業においては、経営者の考え方がこのようなサービス導入に対
しては大きく影響します。ですから経営者への説明にも重点を置きま
す。
中小企業においては、今ある問題、それは休職者への対応であったり、
パワハラやセクハラについての教育であったり、相談体制の構築であ
ったり、がどうしても優先順位が高くなります。
メンタルヘルス対策をどのように位置づけるのか、も企業によってさ
まざまです。安全衛生の一環としてとらえるのか、独立した取り組み
としてとらえるのか。教科書的な理想を説いても、特に中小企業では
受け入れられないこともしばしばです。
こんなときには、まずは今ここにある問題を解決できる体制を敷いた
上でじっくりと信頼関係をつくり、その先をお話ししていくのだと感
じています。
このような仕事を何と呼ぶのかについては、私自身はあまりこだわっ
ていません。顧客のニーズに合い、結果を出せるものであればサービ
スを提供する意義はあると思っています。
ただ、上述したとおり、今後私たち自身もサービスの質を担保する努
力をより一層強めていかなければならないと感じています。その中で
業界の進める認証制度や登録制度も当然視野に入れていかなければな
らないのだと思っています。
———————————————————
うつ病の治療に効果があるとされる心理療法の一つに、認知療法や
認知行動療法といったものがあります。薬だけでなく、これらの心
理療法を併用することで、効果が高まると実証されています。
ヒューマン・タッチでは、これら認知行動療法(CBT)をベースとし
た「復職支援プログラム」の提供を開始します。週一回3時間の集団
でのプログラムで、精神科医師の監修のものと構築しました。
このプログラムは、単にCBTによるうつ病の回復にとどまらず、復職
後の職場適応にも重点を置いていることが特徴です。また、事業所や
事業主への復職後の環境調整を視野に入れたコンサルティングが1回
含まれています。
興味関心のある方は
http://www.shigotomodosu.com/html/page04.html#04 まで。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「無料コンサルティング」を受付中です。うつ病やメンタルヘルス
不全の社員の対応や休職復職対応などでお困りの方は、
047-407-4712もしくは
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
からご連絡ください。(遠方の場合、交通費のみご負担いただく
場合もあります)
小冊子「うつ病休職復職支援の極意」ですが、こちらもお申し込み受
付中です。興味ある方はこちらからどうぞ。
http://www.shigotomodosu.com/html/page08.html
内容についてのご意見や、リクエストなどあれば、
info@shigotomodosu.comまでご連絡ください。
———————————————————–
メールマガジン「うつ病休職復職対応の極意」
※発行責任者:臨床心理士 森川隆司
——————————————————————

千葉でうつ病・休職復職支援・ストレスチェック・個人カウンセリング

セルフケア・管理職研修(ラインケア)・メンタルヘルスのお問合せはヒューマン・タッチまで☆
ページ先頭へ