【筋トレ×メンタル】筋トレがメンタルヘルス対策に効果的な理由とは?

ヒューマンタッチ編集部
【筋トレ×メンタル】筋トレがメンタルヘルス対策に効果的な理由とは?

筋トレとメンタルの関係とは

筋トレで汗を流した際、爽快でスッキリした気分になった経験はありませんか?

筋トレを行うことで脳内ではエンドルフィンやドーパミンといったホルモンが分泌されます。

そのエンドルフィンはモルヒネの6.5倍程度の鎮痛作用があり、ドーパミンは快感物質として苦痛をやわらげてくれたりと身体と心は密接に関係していますこのように、筋トレ・運動は精神衛生上とても重要と言わざるを得ません。

今回は筋トレが心と身体にどのようなメリットがあるか具体的に掘り下げてご紹介します。

筋トレが心と身体に与えるメリット

基礎代謝量UP

筋肉量が増えることで、生命維持に必要な基礎代謝(呼吸や体温調節など)に使われるエネルギーが増えます。

エネルギーが増えることで脂肪燃焼されやすい体質、つまり太りにくい体質になりより健康的な身体に変わっていきます。

免疫力向上

運動を行うことで白血球やリンパ球といった免疫細胞が増え、細菌やウイルスから身体を守り、病気になりにくい身体が作られます。また、骨髄で作られる血液量も増えるため、結果的に異物除去をする際に働くサイトカイン(免疫機能のバランスを保つためのタンパク質)も増加します。

血流が良くなり全身のコリが無くなる

筋トレは血流を良くする効果があるため、血中の老廃物の詰まりなどで発生する肩こりや頭痛の解消にも効果的といえます。

基礎体温もアップするため万病の元である”冷え”へ対策としても有効です。

脳内ホルモンで頭の回転力UP

筋トレを行うことでBDNF(脳由来神経栄養因子と呼ばれるタンパク質の一種)が分泌されます。

こちらは神経細胞の成長やシナプス機能の亢進など脳細胞そのものの増加には欠かせませんまた、脳の記憶を司る部位である海馬にもBDNFは多く存在しているため、記憶力や認知力にも大きな影響があります。

運動不足で気分が落ち込むという研究データも

アメリカに住む18歳以上の成人約120万人を対象に、米国のイェール大学と英国のオックスフォード大学などが共同で行った”運動とメンタルの関連性”の研究では、”運動習慣のある人は、運動をしていない人に比べ、1ヵ月間に気分が優れないと感じる日数が、平均して1.49日(43.2%)少ない”ことが分かっています。

当社一人ひとりの心に寄り添う新しい形の提案を続けます

当社ではみなさま一人ひとりの心に寄り添い、こころが抱える問題の解決に向けて日々尽力しております。

通常のカウンセリングに加えて訪問カウンセリング、電話でのカウンセリングもご予約承っております。小さなことでも構いません。一人で悩まず是非一度ご相談くださいませ。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ | 千葉県船橋市の企業向けメンタルヘルスサービスなら株式会社ヒューマン・タッチ (human-touch.co.jp)

関連記事

【手軽に今すぐ始めよう】ストレス発散にオススメの方法は? | メンタルヘルスのハジメ (mental-hajime.com)
メンタルヘルスのハジメ記事一覧こころの健康【筋トレ×メンタル】筋トレがメンタルヘルス対策に効果的な理由とは?