【ストレスはどこから?】手間や時間をかけないストレス解消法6選

ヒューマンタッチ編集部
【ストレスはどこから?】手間や時間をかけないストレス解消法6選

日常で頻繁に使われる「ストレス」という言葉。

しかし、その意味を聞かれると即答できる人は少ないのではないでしょうか。

ストレスとは端的に説明すると外的要因や環境、プレッシャーによって受ける「心のダメージ」のことです。

家庭内環境によるストレスもありますが、特に大きなストレスを受けるのは1日のほぼ3分の1を費やす仕事。

「上司や同僚、部下との人間関係」、「顧客からの取引やクレーム対応」など仕事内容そのものに慣れても、次々に起こる問題に対処しなければならないため、心が休まることはなく大きなストレスになります。

ストレスがたまりやすい人の特徴

同じ環境にいてもストレスを感じやすい人と、そうでない人がいます。

「自分の意見を言えない」、「常に自信がない」、「自分の言動&他人からの言動を常にネガティブに捉えてしまう」などこれらに当てはまる人はストレスをため込みやすいため注意が必要です。

ストレスによる「睡眠不足」、「肩こり」、「頭痛」などは慢性化すると精神疾患やその他病気の発症リスクを高めると言われています。

手間や時間いらずのストレス解消法6選

ストレス解消方法は人の数だけ存在するため、自分に合ったストレス解消法でないと意味がないだけでなく逆効果になることも。

今回は効果的でかつ、簡単にできるストレス解消方法を紹介します。

ご自身に合ったものを見つけて是非実践してみてください。

イライラの原因を気が置けない相手へ話す

自分の感情や思いを気が置けない相手に思い切り伝えることで、モヤモヤした思考の整理になるだけでなくストレス解消になります。

ただし以下は愚痴をこぼす際のデメリットとして注意が必要です。

* 愚痴を聞く相手の負担になる場合がある

* 内容によっては社内外に漏れて問題になる可能性がある

* 愚痴を慰められることで、慰められたいが為に愚痴をいうという無限ループに陥る

自分へのご褒美をあげる

仕事終わりに「甘いスイーツ」を買って帰るなど、仕事で疲れた自分自身へのご褒美は

仕事のストレス軽減に効果的かもしれません。

食べ物だけでなく、以前より欲しかったものを購入したり、行きたかった場所へ旅行へ行くなども日程を決めただけで、その日までの仕事や生活にハリがでるためおススメです。

無心に汗をかく

激しい運動は身体を傷めてしまう可能性がありますが、ウォーキングやストレッチなど、適度な運動で汗をかくことはストレス解消に効果的であるといえます。

外を歩けば花の香りや、様々な景色も楽しめる上に血行がよくなり、肩こりや頭痛の改善も期待できるので、是非お試し頂きたい方法です。

たっぷり寝る

睡眠不足は思考力の低下、イライラするだけでなく、様々な身体の不調につながります。

また、免疫力の低下によって菌やウイルスへの感染もしやすくなってしまいます。

睡眠は身体だけでなく、心をリセットする大切な時間。

イライラが止まらない、身体が疲れている場合はとにかく早めに就寝してぐっすり眠ってみてください。

翌朝、心も身体も楽になっていることに気づくでしょう。

映画鑑賞や読書

映画や読書の世界に入り込み、物語の主人公に感情移入し擬似的に非日常を味わうことはストレス解消に有効な方法。

勇気をもらったり、悲しい気持ちが中和されたりと明日への活力が湧いてくるかもしれません。

ただし、あまり落ち込んでしまうようなネガティブな作品は逆にストレスになる可能性があるので注意が必要です。

没頭できる作業(ゲームや音楽鑑賞、料理など)に集中する

大好きな趣味であるゲームや料理など、目の前の作業に没頭することで、思考が仕事のストレスから離れることができるため、結果的に仕事のストレス軽減が期待できます。

こちらも、ゲームなど時間を決めて行わないと睡眠時間が削られてしまい結果的に睡眠不足からのストレスに繋がることもあるので注意が必要です。

逆効果になる可能性のあるストレス解消法

最後に、ストレス解消のつもりが逆効果になる可能性のある方法を紹介いたします。

  • 過食
  • 過度の飲酒
  • カフェイン過剰摂取
  • 衝動買い

食事や飲酒、カフェイン摂取も適度な量であればストレス解消になりますが、過度に摂取した場合、睡眠の質低下や体調を崩すだけでなく、「なんでやってしまったのだろう?」など時間差で自己嫌悪に陥ったりと逆に大きなストレスにつながります。

そう言った意味では衝動買いも同じと言えます、これらの衝動が湧いてきたら「大きく深呼吸を数回行い、本当に自分が望んでいることか」を問いかけてみましょう。

衝動がどうしてもおさえられない場合は、専門医への相談もオススメです。

当社は一人ひとりの心に寄り添う新しい形の提案を続けます

当社では「一人で悩む方」に対して、共に心の問題を理解し解決に近づけるよう日々尽力しており、来談はもちろん、電話でのカウンセリング(初回は対面から)もご予約を承っております。

一人で、ご家族だけで辛い日々をお過ごしの方は一度ご相談ください。

メンタルヘルスのハジメ記事一覧こころの健康【ストレスはどこから?】手間や時間をかけないストレス解消法6選