【明日からできる】コミュニケーションUPのコツ5選

ヒューマンタッチ編集部
【明日からできる】コミュニケーションUPのコツ5選

「なんでこんなに話が伝わらないんだろう」、「断りたいのに断れない」、「会話が盛り上がらなくて辛い」といったコミュニケーションでの悩みはプライベートでも職場でも誰しもが少なからず持っているものです。

コミュニケーションがうまくゆけば、仕事を含む人間関係、ひいては「人生がうまくいく」といっても過言ではありません。

良いコミュニケーションとはシンプルに「あなたと話せてよかった」、「またあなたと話したい」と相手に思ってもらうこと。

今回は明日からできるコミュニケーション能力をアップするための方法を5つご紹介いたします。

明日からできるコミュニケーションUPのコツ5選

【メンタルヘルス不調からの職場復帰支援のコツ③】職場要因:受け入れ側の対応

1.相手に関心を持つ

人は自分を理解してくれる相手を信頼し好感を持つため、コミュニケーション能力の高い人たちは共通して話し相手に”興味を持って”接しています。

しかしながら、興味のない相手に対して無理に興味を持つのは困難であり、相手にもそういった気持ちは伝わってしまうため以下を参考に接してみてはいかがでしょうか。

  • 相手との共通点を探す(本や映画、趣味など)
  • 相手から学べるものを探し、気づいたことへの感謝を伝える
  • 相手と自分、お互いのメリットを意識して接する

2.共感力を磨く

コミュニケーション能力の高い人ほど言葉の奥にある”本当の気持ち”を汲み取り接することに長けており、言葉+5感(視・聴・嗅・味・触)すべてで相手との会話をしています。

相手が話す言葉の中に現れる表情、身振り手振りの1つ1つに現れる喜怒哀楽を読み取り相手の立場になって「自分が同じ状況だったらきっとこう思うはず」という共感を持って接することはとても重要です。

3.相手と一体感のある空間を作る

「初対面の人とすぐに打ち解ける人」みなさんの周りにもいませんか?

初対面の相手はどうしても緊張するものですが、コミュニケーション能力の高い人は”一体感”を作り相手に心を開かせます。

すぐに使えるテクニックとしては「ミラーリング」と「ペーシング」があります。

ミラーリングとは鏡のように相手の動作をマネすることで信頼関係が生まれるテクニック。

例えば「相手がマグカップを持って飲んだら、そのタイミングで自分も飲む」、「頭をかいたら、頭をかく」等。

注意点として露骨にやりすぎたり、相手がミラーリングを知っている場合は警戒されることもあるため、完璧にやる必要はなくあくまで自然に行いましょう。

次に、ペーシングとは相手の「会話速度」や「声の抑揚」、「身振り手振り」など合わせることで安心感が生まれるテクニック。

他にも以下の共通点などで、親近感や連帯感が生まれ会話が盛り上がることも。

  • 出身県が同じ
  • 学校が同じ
  • 好きなアーティストが同じ
  • 共通の趣味がある

4.聞き上手に勝る話し上手は無し

コミュニケーションがうまくなりたいと感じるほとんどの方が”喋れない”といった悩みを持っていますが、それはある意味正しくありません。

実はコミュニケーション能力が高い人こそ自ら喋るより”よく聴き”そして、相手の話をどんどん広げていきます。

相手が話している時は以下を意識して「聞き役に徹する」ことはとても大切です。

  • うなずいたり、相槌を打つ
  • 自分との共通点を見つけて話を広げる
  • 自分は知らないが、興味のある部分を質問する

5.結論から話す/わかりやすく話す

「話がわかりやすい」ことはコミュニケーション能力の高い人の大きな特徴。

話がわかりやすい人は”目的や結論が明確”であり、話の途中でもポイントが曖昧になることはありません。

思いつきで話すのではなく、「まず結論や目的を先に」、そして次に「客観的な事実を先に」伝えることはとても大切。

報告であれば、まず5W1H(いつ、どこで、だれが、何を、なぜ、どのように)を意識して伝えるとコミュニケーションは円滑に進むでしょう。

当社一人ひとりの心に寄り添う新しい形の提案を続けます

当社では「業務の悩みを相談できる相手もおらず、ひとりで悩んでいる方」に対して、共に心の問題を理解し解決に近づけるよう日々尽力しております。

来店or訪問カウンセリングはもちろん、電話でのカウンセリングもご予約を承っておりますので、職場環境のあらゆる問題で辛い日々をお過ごしの方は一度ご相談ください。

メンタルヘルスのハジメ記事一覧はたらく人【明日からできる】コミュニケーションUPのコツ5選