従業員のメンタル不調の原因 3位「パワハラ」2位「長時間勤務」1位は?

ヒューマンタッチ編集部
従業員のメンタル不調の原因 3位「パワハラ」2位「長時間勤務」1位は?

従業員のメンタル不調は会社の不利益になるだけでなく、従業員自身の生活や、そのご家族の人生にまで深刻な支障をもたらします。

このストレス社会である現代において、どのように従業員のメンタルケアを行うべきかを解説します。

そもそもメンタル不調とは何?

メンタルヘルスとは「心の健康状態」を指し、その心の状態が悪化することを「メンタル不調」といいます。

では、この不調がどこからくるのか、よくある原因を順位別にみていきます。

従業員のメンタル不調の原因ランキング

7位.仕事のノルマ

毎月毎月課されるノルマは終わりの見えない業務としてメンタル不調の原因第7位「仕事のノルマ」。

営業や会社によっては「ノルマ達成と共に新たにノルマを課せられたり」と理不尽な扱いを受けることも。

6位.低賃金

業務内容や拘束時間に対しての「低賃金」がメンタル不調の原因第6位。

上司や同僚よりも仕事量をこなしたとしても、給料が少なければモチベーションは下がる一方です。

5位.家庭問題

仕事での激務で深夜に帰宅したり、配偶者や小さなお子様との関わりが希薄になることで家庭内不調和がおこり、そのストレスからメンタル不調になる「家庭問題」が第5位。

4位.仕事の難易度 / プレッシャー

「見返りの少ない激務」、「失敗の許されない環境」で働く従業員にとってメンタル不調の原因第4位は「仕事の難易度 / プレッシャー」。

ひと昔前は、頑張ればその分出世や昇給など見返りがありましたが、現在ではそのような保証がなくなってしまったことも原因と考えられます。

3位.パワハラ

メンタル不調の原因3位は「パワハラ」。

ほんの一部ですが、以下のようなケースはパワハラと言えるため、企業・組織として、そういったことがないよう注意が必要です。

  • 足で蹴ったり、殴ったりされた
  • 挨拶を無視
  • 大勢の社員の前で、見せつけのように叱責された
  • 業務外の仕事を依頼された
  • 終業直前に多くの仕事を依頼された
  • 休み、有給の理由をしつこく尋ねられた
  • 陰口や噂を流された

2位.長時間勤務 / 残業過多

深夜までの残業や休日出勤が多く、上司や同僚も同じ環境で働いているため未来への希望がなくなってしまうことがメンタル不調の原因第2位「長時間勤務 / 残業過多」。

本当にやりがいのある仕事であったとしても体力や精神力がどんどん消耗してしまうことは容易に考えられます。

1位.人間関係の悩み

メンタル不調のワースト1位になっているのは「人間関係の悩み」。

あるアンケートにて、人間関係に悩み離職を考えたことがあると答えたのは全体の約9割に登ることがわかりました。

  • 表面は良いが、裏では悪口ばかり
  • サボっている人がいてイライラ
  • 機嫌によって当たりがキツくなる上司、同僚
  • ミスを自分のせいにされた

通常の関係では”距離を置く”こともできますが、仕事上の関係ではそうもいかないのがツライところです。

会社からできる支援

【コロナ禍でのメンタルヘルス】 新入社員対応

職場環境の改善

従業員のストレス軽減のために「職場環境の改善」は大切です。

  • 1人あたりの仕事量が適正かチェック
  • 適材適所な人員配置
  • 温度や湿度、照明や騒音問題、ゆとりのある作業スペース確保

そんな小さな部分からの改善でよいのか?”と疑問に思われるかもしれませんが、環境の小さな改善が積み重なり、結果的に従業員のストレス軽減につながります。

組織としてのチェック体制の充実

従業員のメンタル不調対策は、なんといっても”早期発見”が大切。

検診制度や相談窓口を設けるだけでなく、相談しやすい環境作りが重要です。

遅刻や欠勤といった勤怠だけでなく、挨拶や日常のやりとりにて日頃から従業員の小さな変化に気付けるようにし、必要に応じて早期の面談や検診を促すことも大切です。

休職からの復帰支援

会社として、休職中の従業員の復職を支援し再発予防のために行うべきことはまず”コミュニケーションをとる”こと。

休職している従業員は「業務に支障をきたし迷惑をかけてしまった」など自責の念にかられることも多いため、「ゆっくり療養するよう」伝えながら、従業員の気持ちを楽にするようお見舞いや面談を行うことが大切です。

少しの時間でも良いので定期的に対話する時間を設けることをオススメします。

当社一人ひとりの心に寄り添う新しい形の提案を続けます

当社では「職場で誰にも頼れずに悩む方」に対して、共に心の問題を理解し解決に近づけるよう日々尽力しております。

「最近部下の元気がなく、ケアレスミスが多い」など異変に気付いた場合は当社にてカウンセリングをさせていただきます。

訪問カウンセリングはもちろん、電話でのカウンセリングもご予約を承っております。

職場内だけで悩み、辛い日々をお過ごしの方は一度ご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ | 千葉県船橋市の企業向けメンタルヘルスサービスなら株式会社ヒューマン・タッチ (human-touch.co.jp)

関連記事

【中小企業2022年4月義務化】パワハラ防止法の義務化・具体的なハラスメント予防策とは? | メンタルヘルスのハジメ (mental-hajime.com)
メンタルヘルスのハジメ記事一覧はたらく人従業員のメンタル不調の原因 3位「パワハラ」2位「長時間勤務」1位は?