【休職復職支援】うつ病で休職してから復職するまでのプロセス

ヒューマンタッチ編集部
【休職復職支援】うつ病で休職してから復職するまでのプロセス

うつ病を患うと気分が落ち込んだり意欲の低下、動悸や焦り、不眠や慢性的な頭痛、肩こりに悩まされ続け、結果的に仕事を休職・退職するケースも珍しくありません。

医療機関にて「病気休業診断書」を作成してもらえれば、上司との面談後に休職することができるため、適切な治療を受け、回復をすればそのまま会社に復帰することも可能ですが、治療には大変時間がかかります。

よって「以前のように働ける自信がない」、「早く復帰したくて焦ってしまう」、「また同じように病気になったらどうしよう」といった不安は常に付きまとってしまいます。

そういった方への復職支援に使われるサービスが「return to work(通称リワークプログラム)」。

今回はその復職支援のプロセスについて解説していきます。

復職は焦らず準備をすることが大切

【コロナ禍でのメンタルヘルス】 在宅勤務を希望する復職

うつ病で休職した場合、症状回復にはかなりの時間がかかるため、「はやく復職したい」といった思いで焦る方がほとんど。

しかしながら、焦って復職をしても改めてうつ病を悪化させてしまうことも珍しくないため、「ある程度症状が回復したから」という状態のさらに上、「仕事復帰後に心身ともに安定した働き続けられる状態」まで回復を待つ必要があります。

途中で不安になったり焦ったりする気持ちをこらえ、時間をかけてゆっくり確実に回復させることが大切です。

実際に復職するまでのプロセス

復職したいという意思表示

休養と病院での薬物治療を経た休職中の方が、急性期(うつ病の重たい時期)を経て回復期まで精神が安定してきた場合、「仕事に復帰したい」という自らの意思表明を行えば主治医から社会復帰が可能かの判断が下されます。

事前に、復職で求められる業務内容(出退勤時間や業務内容)を会社から担当医師へ伝えておくことで、医師は患者が復職が可能かどうかの判断がしやすくなるため上司や、人事部の労務管理担当者にその旨を伝えておきましょう。

生活リズムの立て直し、体力の回復

うつ病治療において急性期は、薬物治療と十分な休養が必要であるため、日中も横になり結果的に生活リズムが乱れてしまうことも多々あります。

復職に向けて規則正しい時間に起床し、ゆったりと散歩をしたり読書をしたり、気持ちがのれば趣味の時間に当てたりと、「まずはリズムの立て直し」を図る必要があります。

最初は全然、気持ちや身体がついてこなくても少しずつ回復してきたことが自分でも感じられるはずです。

何度もお伝えしますが、焦りは禁物、思うように動けない時間も大切な体力回復への道と考えましょう。

職場復帰

復職する準備が整ったら、主治医に復職が可能かの診察を受け、復職可能と判断されれば、「復職診断書」を書いてもらうことができるため書面を職場へ提出。

職場の担当者と今後の働き方を相談しつつ、場合によっては「短時間勤務や残業なし」などの条件で「試し出勤制度」を利用するのも1つの手です。

復職支援としてのリワークプログラム

治療と復職へのリハビリを兼ねた「リワークプログラム」。

プログラムに応じて若干異なりますが、毎朝決まった時間に施設へ通う必要があるため、通勤へのリハビリになります。

さらに、軽作業やオフィスワークを行ったり、スポーツやレクリエーションも行っています。

軽作業やオフィスワークは仕事への、スポーツやレクリエーションは集団での活動のリハビリになるため、1人での復職に不安を感じる場合は主治医に「リワークプログラム」を紹介してもらうことをオススメします。

最後に、個人差があるもののうつ病の治療には早い方で3ヶ月、長い方だと1年以上の時間がかかるため、繰り返しにはなりますが、ゆっくり治療&休養が基本であることをお忘れなく、焦りは禁物です。

当社一人ひとりの心に寄り添う新しい形の提案を続けます

当社では「一人で悩む方」に対して、共に心の問題を理解し解決に近づけるよう日々尽力しており、来談はもちろん、電話でのカウンセリング(初回は対面から)もご予約を承っております。

一人で、ご家族だけで辛い日々をお過ごしの方は一度ご相談ください。

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ | 千葉県船橋市の企業向けメンタルヘルスサービスなら株式会社ヒューマン・タッチ (human-touch.co.jp)

関連記事

【うつ病克服】自分や身近な人がうつ病になったら知っておきたいこと | メンタルヘルスのハジメ (mental-hajime.com)

メンタルヘルスのハジメ記事一覧はたらく人【休職復職支援】うつ病で休職してから復職するまでのプロセス