【あなたもハラスメント加害者に?】職場で起こる〇〇ハラスメントを紹介します

ヒューマンタッチ編集部
【あなたもハラスメント加害者に?】職場で起こる〇〇ハラスメントを紹介します

そもそもハラスメントとは

ハラスメント(Harassment)とは様々な言動によって、他者に不利益や不快感を与えることを指します。

重要な点としては「行為者にどういった意図があったのか」は関係がなく”受け取り手が不快な感情を感じた場合”それはハラスメントになるため、訴えを聞いて初めて認識されるものも珍しくありません。

法に触れる重度のハラスメントから軽いものまで、今回は会社組織内に潜むハラスメント、そしてその対処方法を解説いたします。

職場で起こりうるハラスメントの種類

一般社団法人の日本ハラスメント協会が設けているハラスメントは30種類以上。

その中でも人事担当者が把握していなければならないものは、以下の5つが挙げられます。

  • パワーハラスメント
  • セクシャルハラスメント
  • モラルハラスメント
  • マタニティハラスメント
  • ジェンダーハラスメント

パワーハラスメント

職場で上下関係のある上司から部下、先輩から後輩など、権力を利用して行われることの多い「パワーハラスメント」。

法に触れる暴力だけでなく、複雑な上下関係にて行われることも多いため、指導との線引きが難しく、個別の客観的判断が必要です。

セクシャルハラスメント

「セクシャルハラスメント」は性的な言動にて不利益を与えたり、就業環境を害することを指します。

年齢や性別だけでなく容姿に対しての不必要な発言をしたり、直接身体に触れる行為なども含まれます。

一般的には男性から女性に対して行われることが多いイメージですが、近年では女性から男性、また同性同士の間でも問題になることも珍しくありません。

モラルハラスメント

精神的な苦痛(嫌がらせ)を意図的に与えることを「モラルハラスメント」と言います。

具体的には「意見をことごとく否定する(拒絶)」、「わざと実行不可能な仕事を依頼する」など。

厄介な点としては、物的証拠がなく外部から見えにくいこと、また場合によっては加害者側は”自分は間違っていない”などと無意識に思い込んでいることが挙げられます。

マタニティハラスメント

妊娠や出産、子育てを理由とした不利益な扱いを「マタニティハラスメント」と言い、妊娠や出産後の上司からの心ない発言、自主退社へ誘導する言動はもちろん、不妊治療への否定的な発言まで含まれます。

これらは育児・介護休業法や労働基準法、男女雇用機会均等法の違反にあたるため注意が必要です。

ジェンダーハラスメント

男のくせに、女のくせにといった”性別のらしさ”を強要するハラスメントのことを「ジェンダーハラスメント」といいます。

性別への偏見から、「そもそもの採用基準が男女で異なる」また「人員配置で男女のいずれかを優先させる」など不公平な評価を与えること全般がこのハラスメントに当たります。

ハラスメントが社内で起こる理由

【コロナ禍でのメンタルヘルス】在宅勤務下での復職

ハラスメントが起こる理由は以下の3つが挙げられます。

  • 個人的な意識の差
  • 職場環境の問題
  • 日本の取り組みの遅れ

個人的な意識の差

「あの人に対してなら許されるだろう」といった個人的な意識は、男女関係や上下関係にてハラスメントを起こす原因となる可能性があります。

職場環境の問題

ハラスメントが生じやすい組織風土や環境には以下のようなものがあります。

  • 日々達成不可能なノルマを課せられる
  • 業務と社員の能力が合っていない
  • 責任者が絶対的な権限を持っている
  • 閉鎖的な環境であり、外部からみえにくい

日本の取り組みの遅れ

東京海上日動リスクコンサルティング株式会社が2017年に行った調査では先進諸外国に比べ、そもそも日本のハラスメントに対する意識自体が遅れているといった問題が指摘されています。

大企業ほどハラスメントへの取り組みがされているものの、企業規模が小さくなるほど対策を施す割合が下がる傾向にあります。

ハラスメントへの3つの対策

今回紹介させていただいたハラスメントはほんの一部ですが、どの会社組織の中でも起こりうるハラスメントといえます。

企業ができる対策としては「研修を行う」、「ルールを設ける」、そして特に重要なのは「相談窓口を設置する」こと。

できれば人事部門だけでなく労働組合や社内カウンセラーにも気軽に相談できる窓口を持たせることが大切です。

被害者が相談しやすい窓口は加害者への抑止にもつながります。

当社一人ひとりの心に寄り添う新しい形の提案を続けます

当社ではみなさま一人ひとりの心に寄り添い、こころが抱える問題の解決に向けて日々尽力しております。

通常のカウンセリングに加えて訪問カウンセリング、電話でのカウンセリングもご予約承っております。小さなことでも構いません。一人で悩まず是非一度ご相談くださいませ。

メンタルヘルスのハジメ記事一覧はたらく人【あなたもハラスメント加害者に?】職場で起こる〇〇ハラスメントを紹介します